素晴らしい結婚式をプランニングする仕事

ウエディングプランナーは、結婚式を企画、プランニングしていくお仕事です。
新郎新婦から予算や結婚式の理想、希望を伺い、予算内でその理想に限りなく近い結婚式ができるように計画していきます。

結婚式は新郎新婦はもちろん、親御さんに親類、友人など、たくさんの人が幸せを感じる場面。
その場面づくりに携わるのですから、とてもやりがいのある素敵な職業です。

ウエディングプランナーは、フリーで活動している人もいれば、結婚式場の社員としてウエディングプランナーの仕事をしている人もいます。
フリーで活動している人も、最初は結婚式場の社員として働いていた人がほとんどです。

楽しいところ、辛いところ

新郎新婦と何度も綿密な打ち合わせを重ねながら結婚式をプランニングしていくので、新郎新婦との関係がとても密になります。

基本的には楽しい人生一大イベントのプランニングなので、だいたいは楽しく打ち合わせをすることができるのですが、予算と噛み合わない希望をいわれたり、それができないとなるとかなりクレーム気味になったり、能力を疑われてしまうなど、理不尽な思いをすることも多いようです。

また、フリーの場合は特に一度仕事に失敗してしまうと、次からの依頼が入りにくくなってしまうので、どの仕事も真剣にやらなければなりませんし、打ち合わせの際も終始お客さまと対応しているということを忘れない姿勢が重要になります。
体調が悪いからといって険しい顔をしていると新郎新婦が不安になってしまいますので、自己管理も完璧に行わなければなりません。

どんな仕事でも、メリットやデメリットはあるものですが、ウエディングプランナーはその人たちの人生最大のイベントを任されるわけですから、非常に責任が重大である分、そのメリットとデメリットが大きいという点がよくもあり、辛くもあります。

ウエディングプランナーになるには

いろいろな経験を独学でしているという人は、資格などを取得せずにウエディングプランナーとして活動しているようですが、多くの場合はウエディング関連の専門学校に通うなどして勉強し、資格を取得してから結婚式場に就職しています。

昔は就職の際も、学歴や資格などはあまり関係なかったのですが、今は周囲で資格を取得している人が増えてきているということもあり、これらを重視する企業が増えてきているようです。
新卒からウエディングプランナーを目指すのであれば、事前にできるだけの勉強をしておくほうが、就職には有利だといえるでしょう。