仕事内容

shopショップ店員のお仕事も、女性から人気がある職業です。
一時は「カリスマ店員」という言葉がブームになるほど、人気ブランドの販売員にはステータスがありました。
ショップ店員からモデルや芸能人になったという方もいらっしゃるほど。
佐々木希さんも、ショップ店員をしていたときにスカウトされたようですよ。

ショップ店員のお仕事は、販売する商品によっても異なりますが、メインは商品を販売すること。
アパレル販売の場合であれば、服の販売がメインの仕事になります。
そのほか、在庫管理、売上管理、店内の清掃、接客などの業務もありますし、新作が出てきたら新しい商品の研修を行うことも。
毎年シーズンごとに研修を行うというブランドは多いです。

向いている人

ショップ店員に向いている方は、やはり接客が好きであること、服などの商品が好きであることなどがいえると思います。
ショップ店員は向き不向きがすごく分かれる職業だと思われ、向いている人は天職といえるほど楽しくお仕事をされますが、向いていな方は毎日の出勤が苦痛に感じてしまうこともあるよう。
販売は営業要素がとても強いお仕事になりますので、営業が苦手という方にはあまり向かないかもしれません。

あとは、基本的にずっと立っている立ち仕事になりますので、長時間立っていることが苦にならないということも、ショップ店員になるための必須条件であるといえるでしょう。
最近はハイヒールを履いて店頭に立っているショップ店員さんをよく見かけますが、腰が痛くなったりしないのか、こちらが心配になってしまいますね。
お店の床がカーペットならまだしも、大理石の床などを使っているお店では、腰を痛めやすいので気をつけましょう。

やりがい

ショップ店員のやりがいは、お店の商品をたくさんの方に知ってもらうこと。
街で自分の働いているブランドの商品を着ている方を見かけると、とてもうれしくなってしまいます。
そのほか、カリスマ店員レベルになると、自分がシーズンの流行をつくっているといっても過言ではないので、やりがいはひとしおです。

  • ショップ店員になるには(作成中)