歯科助手や歯科衛生士の仕事は、その名の通り歯医者で行う仕事になります。
どちらも似たような仕事をする印象がありますが、厳密にはそれぞれの業務にはかなりの違いがあり、働き方なども違ってきます。

歯科助手の主な仕事は、歯科医が治療を行う補助的な業務になります。
治療に必要な器具を歯科医師に差し出したり、患者が口をゆすぐ準備を補助したりという業務が中心です。
そのため、専門性はかなり低いと考えてよいでしょう。

歯科衛生士の場合は、虫歯の予防などについて患者に指導することができるようになりますので、かなり専門性が高い業務を担うことが多いです。
そのほか、患者の歯石を除去するなど、実際に患者の歯に触れる業務も行います。

歯科助手の仕事をするにあたり、特に資格を取得する必要はありません。
募集があり、応募して採用されれば即業務につくことができます。
逆に、歯科衛生士の仕事をしたいときには、国家資格を取得する必要がありますので、その時点でそれぞれの仕事にはかなりの違いがあることがわかりますね。

歯科衛生士の国家資格を取得するには、文部科学省が指定した歯科衛生士になるために必要なことを学ぶ専門学校などを卒業している必要がありますので、独学で学んで資格を取得するということはできません。
専門学校はたくさんありますが、勉強はかなり難しいので、専門学校を卒業しても、1回で合格できないという方もいらっしゃるようです。

歯科助手や歯科衛生士の仕事に向いている方は、医療関連の仕事に就きたいと考えている方、人のお世話をすることが好きな方ということが挙げられます。
歯科助手や歯科衛生士に限らず、人と接する仕事をするにあたり、「人のお世話をすることが好き」ということは必須条件であるといえるかもしれません。

また、かなりひどい虫歯などを目にすることもありますので、あまり神経質な方だと、仕事がきついと感じることもあるようです。
ただし、人の歯の健康を預かる重要な仕事になりますので、ある程度神経質な方のほうが、責任をもって仕事に臨むことがで切るというメリットもあります。

歯科助手や歯科衛生士の仕事は、手に職系の仕事になりますので、しっかり習得すれば、年齢を重ねても、転居などで環境が変わっても仕事に就きやすい職業です。
長い間続けることができる仕事がしたいと考えている方にも、向いている職業だといえるでしょう。
歯科助手はアルバイトでも募集が出ていることが多いので、まず現場の様子を見てみたいという方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。