仕事内容

teeth歯科衛生士も、歯科助手も、主に歯医者さんでお仕事をします。
こちらも手に職系の仕事であることや、昼休憩が長く、雇用条件が比較的よいことから、女性に人気のある職業です。
歯科衛生士と歯科助手の仕事内容は少し異なります。

  • 歯科助手

歯科医が治療を行う際に、使用する器具などを手渡したり、患者さんの唾液をホースで吸うなど、歯の治療の補助を行うお仕事です。
歯科助手は患者さんの口内に直接触れて何らかの医療行為を行うことはできません。

  • 歯科衛生士

患者さんの口内に触れて処置を行うことが可能です。
歯についている歯石をとったり、フッ素を塗ったりするのは歯科衛生士の重要な仕事。
そのほか、歯を丈夫に保つためのちょっとした講座などを歯科衛生士が行うこともあります。
歯磨き指導などがこれにあたりますね。

資格

  • 歯科助手

歯科助手は国家資格などがありませんので、資格がなくても助手の業務を行う事が可能です。

  • 歯科衛生士

歯科衛生士のお仕事は、国家資格を取得しなければ行うことができません。
歯科助手はあくまで補助業務、歯科衛生士は虫歯の予防などの処置を行える業務と分けることができます。

給料

歯科衛生士と歯科助手の給与は、やはり歯科衛生士のほうが高いです。
最初は歯科助手として働き、キャリアアップするために休職や退職をして歯科衛生士の専門学校に通い、国家資格を取得して現場に戻るという方も少なくありません。

やりがい

歯科衛生士や歯科助手のやりがいは、それぞれの業務で異なります。

  • 歯科衛生士

虫歯の予防処置などを行うことで、歯を健康に保てる方が増えれば、それがやりがいにつながると思います。

  • 歯科助手

医師の補助をして、スムーズに治療を進めることができることにやりがいを感じられることでしょう。

向いている人

歯科衛生士や歯科助手の仕事に向いている方は、静香な職場にいることが苦にならない方、他人の口の中を見ることが平気な方、歯医者さん独特の音が苦手でない方などが挙げられます。
歯医者さんではを削る機械の音はかなり独特ですので、あの音が苦手だという方も多いと思いますが、そういった方は鹿関係の仕事は厳しいかもしれませんね。

  • 歯科衛生士・助手になるには(作成中)