薬のあらゆることに携わる仕事

薬剤師の仕事は、処方箋薬局を思い浮かべるとわかりやすいかと思います。
処方箋に書いてある薬を調合し、患者に提供したり、服用についての説明やアドバイスを行うのが主な仕事です。

そのほかにも、薬には飲み合わせがありますので、医師が処方した薬で副作用などが起きないかということを先に確認し、問題があるようであれば医師に連絡をして確認する、というのも重要な業務になります。
ただ言われた通りに薬を調合すればよいわけではないのですね。

また最近は「ジェネリック医薬品」を推進している処方箋薬局も多いので、処方された薬にジェネリックがあれば、それをお客さまにおすすめしてみるということも行っています。

薬剤師の資格

薬剤師になるには、薬剤師の国家試験を受験し、合格する必要があります。
受験資格は薬科大や大学の薬学部などで学び、所定のカリキュラムを修了していなければなりません。
薬科大の学費は非常に高額であるといわれていますので、薬剤師になるには多額のお金がかかるようです。

資格取得後は、処方箋薬局のほかにも、ドラッグストアで薬剤師として働いたり、治験で働くなど、いろいろな職業でその資格を活かすことができます。
一度取得した資格は、看護師資格同様更新などはありませんので、半永久的に活用することが可能です。

薬剤師に向いている人、メリットやデメリット

薬剤師になるにはたくさんの勉強をしなければなりません。
緻密な計算なども多いので、どちらかというと理系の人のほうが薬剤師に向いているといえるでしょう。
また、その膨大な勉強をコツコツとこなしていく忍耐力がある人もこの仕事に向いています。

薬剤師のメリットは、医療関係の仕事は不景気などがあまり関連しないので、比較的安定して仕事ができるということや、資格はずっと使えるので、結婚や出産などで一時的に現場を退いたとしても、社会復帰しやすいという点も挙げられます。

デメリットは、薬剤師として働きはじめれば大きなデメリットはないかと思いますが、資格取得までの道のりがとても大変だということが一番のデメリットではないでしょうか。

薬科大や薬学部に進学するのもかなりの倍率ですし、入学してからは学費が高い上に膨大な勉強をこなしていかなければなりません。
また試験の難易度も高いので、薬剤師になるまでの間が一番大変です。

試験は確かにとても難しいのですが、現役で受験した人であれば8割以上の確率で合格できるようなので、しっかり学校で勉強しておけば、合格することができます。