味も見た目も夢がたっぷり詰まったお菓子をつくる仕事

パティシエの仕事は、みなさんご存知の通り洋菓子をつくる仕事です。
街のケーキ屋さんもパティシエといえると思いますが、パティシエというと、高級なケーキ点などで見た目も味もこだわった作品をつくっているような印象があります。

また、お菓子をつくるだけではなく、売ることもパティシエの仕事です。

「ものづくり」が注目されているとういうこともあってか、パティシエの仕事はどんどん人気が高まってきていて、目指しているという人が増えています。
見た目にもきれいな、食べておいしいお菓子を造る仕事にはとても夢がありますよね。
人気があるのもうなずけます。

パティシエに向いている人

お菓子づくりが好きだという人は、パティシエに向いています。
しかし、ただ趣味で好きなお菓子を造るのと、誰もに喜んでもらえるような美しいお菓子を造ることには大きな違いがありますので、プロのパティシエとして頑張りたいという強い意志がなければなりません。

完璧なお菓子をつくるというのは、本当に難しいものです。
趣味でもプロ並みのお菓子を作れる人はたくさんいますが、味が自分の好みに偏っていたり、少し失敗してしまっても「今日はちょっと焦げちゃった」といってお友達や家族に差し上げたりしますよね。
プロのパティシエは、お店に売り出す商品に失敗は許されません。

そのため、パティシエとして就職しても、はじめはアシスタントの仕事が中心です。
卵を割ったり、材料の分量を測ったり、準備をしたりといった仕事をして修行を積みながら、業務後に自分でも練習を重ね、少しずつ実力をつけて一人前のパティシエとして成長していきます。

こうした厳しい職人の世界に耐えられる人が、パティシエに向いているのではないでしょうか。

パティシエになるには

一般的には製菓専門学校などを卒業後、パティスリーや菓子メーカーなどに就職するという流れが多いようです。
有名なパティシエがいる一流店だと、就職するのはなかなか難しいようですが、職場を厳しく選ばなければ、就職自体は比較的しやすいのではないかと思います。

たくさんのパティスリーをめぐり、自分の尊敬できる味だと感じられるお店に就職できることが、パティシエを目指す人にとって一番の夢でもあります。
希望のお店に就職できるように、学生のときから勉強や練習を重ねて、しっかりと基本の技術を習得しておくことが重要です。