看護師の仕事は、病院での医師の診察や治療の補助、入院患者への対応など、医療に関するさまざまな業務を行うお仕事になります。
また、病院だけではなく、保育園や老人介護施設などで働く看護師も多いです。

看護師になるには、2通りの流れがあります。
いずれも、看護師の国家資格を取得しなければならないことは共通しているのですが、受験資格を得るまでの流れが異なります。
ひとつは、正看護師の専門学校、もしくは看護科のある大学を卒業して受験資格を得て国家試験を受ける方法。
もうひとつは、准看護師として一定の実務経験を経て、その後通信教育などで正看護師としての知識を習得し、受験資格を得て国家試験を受験する方法です。

正看護師の専門学校に行って受験資格を得るほうが、流れとしてはスムーズなのですが、その間働くことができないので、さまざまな事情により、一日も早く収入を得たいという方は、准看護師として働きながら、正看護師の受験資格を得て、国家試験を受験するという方もいらっしゃいます。

なぜか、看護師の資格を取得するということは同じなのに、正看護師の専門学校を出てから国家試験を受験、合格をしたという方のほうが、現場で上に見られる傾向があるようですので、受験までの流れについてはしっかりと検討したほうがよさそうです。
実際には、准看護師として先に働いているほうが、現場のことには詳しいので、知識や経験も多いのではと思われるのですが、看護師にもいろいろな事情があるようですね。

看護師に向いている方は、やはり人のお世話をすることが好きな方、苦にならない方、人に喜んでもらうことが好きな方、ということが挙げられるかと思われます。
看護師の仕事は、手術に立ち会わなければならなかったり、大怪我をした方の傷などを見なければならなかったりと、かなり過酷な状況に立ち会わなければならないことも多いので、目指すにはかなりの決心が必要だといえるでしょう。

看護師は現在かなりの人手不足にあるといわれていますので、需要はとても高いようです。
看護師の資格を習得している方は多いようなのですが、結婚や出産などで一時退職し、その後復帰をしていないという方も多くいらっしゃいます。
看護師の仕事は、入院施設や救急施設がある病院になると、夜勤が発生するため、家庭や育児との両立が難しく、仕事を続けることができないという方が多いようです。
最近では、こうした方のために託児所を設けている病院や、ブランクがある方のための教育制度を設けている病院も増えてきています。

看護師の仕事はとてもやりがいがある仕事ですし、収入も夜勤などがある病院ではかなり期待できるようですので、しっかりと手に職をつけて、長く働いていきたいという方にとても向いているお仕事だと思われます。
看護学校の倍率はかなり高く、専門学校での勉強もとても厳しいものになるようですが、人の命を預かる仕事ですので、それはいたし方ないことかもしれません。