ネイリストの仕事は、お客さまにネイルの施術を施して差し上げることが中心となります。
ほかにも、ハンドやフットのケアを行うことも、ネイリストの仕事です。
最近はネイリストを目指す方がとても増えているようですが、その分ネイルサロンもたくさんできているので、かなり需要の高い仕事であるといわれています。

ネイリストになるためには、特に資格を取得しなければならないということはありません。
まだここまでネイリストという仕事が社会に浸透する前は、まったくの未経験でもサロンに勤務することができ、働きながら技術を学んでいくことができる環境にありました。

しかし最近は、ネイリストになりたいという方が増えてきたこともあり、まったくの未経験の場合は採用されにくい状況となっています。
正しくは、実務経験はなくても、専門学校やスクールに通って技術を身に着けている、またネイル関連の資格を取得している、という方は、未経験でも採用されることがあります。

また、ネイルサロンで提携したネイルスクールを運営しており、そのスクールを卒業した方は、優先的に提携のサロンで働くことができるという制度をとっているネイルサロンも多いので、確実に実務に就きたいと考えている方は、こうしたスクールに通われるのもひとつの方法です。

近隣にこうしたネイルスクールがない場合は、ネイルの資格を取得して、近隣のネイルサロンに応募するという方もいらっしゃいます。
資格取得においては、必ずしも専門学校やスクールを卒業していないといけないということはないので、独学で学ぶ方もいらっしゃいますし、スクールに通って学んだり、通信教育で学んで受験するという方もいらっしゃいます。
これについては、ご自身の技術力やライフスタイルに合わせて決定するとよいでしょう。

ネイルの資格にはいろいろな種類があり、大手のネイルスクールが展開している資格もあれば、ネイルの技術などを管理している機関が展開している資格もあります。
どの資格を習得するかというのは、その人のお好みによりますが、一般的に需要が高いといわれている資格を取得すると、就職の際にも役立つと思われますので、資格を受験する際にはよく検討されることをおすすすめします。

ネイリストは手に職系の仕事になり、サロンで技術力をつけた後には独立をしやすい職業でもありますので、今後自分でサロンの運営などを行いたいという方にもおすすすめの仕事です。
おしゃれな好きな方、ネイルが好きな方はぜひチャレンジしてみては。