勤務体系によって異なります

ネイリストの仕事に従事する際には様々な勤務体系が考えられます。
アルバイトやパートという形で勤務するのか、正社員として勤務するのかによって勤務時間が異なるため、給料にも差が生じるものです。
ネイリストの給料はどのくらいの金額なのかは個人差があるものですが、平均的な金額について調べてみました。

アルバイトやパートの場合

まだ小さな子供がいるという方は、限られた時間だけネイリストとして勤務したいと希望するケースが多いことから、正社員ではなくアルバイトやパートとして勤務すると都合が良い場合も多いです。
アルバイトやパートの場合は時給制になるケースが多いですが、他の職種と比較してみると高めに設定されている場合が多いです。
職場によってバラつきはありますが、平均すると時給900円から1200円前後に設定されている場合が多いようです。

他の仕事でアルバイトやパートとして稼ごうと思えば、ネイリストの時給は若干高めに設定されているかもしれませんが、ネイリストとしては決して高い給料ではありません。
本当は正社員として本格的に稼ぎたいのに、アルバイトやパートという形でしか採用してもらえないため、給与には不満を感じている方も少なくありません。

正社員の場合

フルタイムでネイリストとして仕事に従事できるという方は正社員として採用される可能性が高いです。
勤務時間も長くなることから、アルバイトやパートよりも一ヶ月の収入は多くなります。
基本給は平均すると15万円から20万円になっていますが、ここから社会保険などが差し引かれるため手取り収入で考えると決して高収入とは言えないかもしれません。

ただし、職場によっては基本給の他に歩合給が発生する事もあります。
例えばお客さまからの指名を得ることができれば、歩合給が発生して基本給よりも高い収入を見込むこともできます。
あまり歩合給に頼りすぎると、毎月の収入額がバラバラになってしまうことが問題になります。

独立開業をする場合

ネイリストはネイルサロンに勤務するだけでなく、経験を重ねた結果実力を身に着けていれば独立開業を目指すことも十分可能です。
独立開業をすると店舗を運営するための経費などが発生しますが、軌道に乗るまでは自宅の一室を活用するなどの方法で経費を削減する方法もあります。
もちろん、固定客をしっかり掴むためにも確かな実力を身に着けることが大切です。

独立開業をした場合は成功する方もいれば、思っていたほどの収入は得られなくて失敗する方もいます。
そのため収入についてはピンキリですが、ネイルサロンで勤務しているよりも遥かに高い収入を確保している方がたくさん存在しています。