医療事務の仕事は、病院で事務関連の仕事をするのがメインの業務になります。
医療事務は一般事務と違い、医療関連の専門的な処理などを行わなければならないので、それに関連した知識を習得している必要があります。

医療事務の仕事に就くには、必ずしも資格を取得していなければならないということではないのですが、まったく知識がない状態だと、求人に応募しても採用されにくいと思われますので、医療事務の資格を取得してから求人に応募される方が多いです。
医療事務の資格は、医療費の計算やその他専門的な病院の事務処理についての知識を習得するための資格で、スクールはもちろん、通信講座などもかなり充実しているため、とても人気のある資格です。

特に通信講座では、大手通信教育会社が大々的に医療事務の講座をPRしているため、受講者がとても多いのが特徴。
カリキュラムもかなり充実しているようで、自宅での独学でもきちんと学びを深めることができると好評です。

医療事務の仕事に向いている方は、細かな計算などが苦にならない方、事務作業が好きな方であることが挙げられます。
一般事務の場合、仕事内容にお茶くみやコピーなども含まれますが、医療事務はそのような現場のお手伝いをするというよりも、専門的な事務処理を行うことが多いので、黙々と事務作業をこなすことが苦にならない方が向いているといえるでしょう。

医療事務の仕事は、一度募集をして人が決まると、かなり定着率が高いので、なかなか募集がかからない仕事であるともいわれています。
手に職系の仕事になりますので、資格を習得したり、実務経験があれば、年令を重ねても働くことができるお仕事ですし、転居などによって環境が変わっても、仕事に就きやすい職業であると思われますが、募集が少ないということがネックになることも。
特にクリニックなどの小規模の病院では、勤務時間が安定しているために人気が高いので、どちらかというと業務量の多い総合病院などのほうが、募集は多いのではないかと思われます。

しかし、医療事務の仕事は、仕事の内容や給与、勤務時間などがきちんと安定しているので、主婦や育児中の方などでも比較的落ち着いて働くことができるほか、習得した知識を活かして働くことができるので、やりがいのある仕事だと思われます。
通信講座などは比較的安価で受験することができるようなので、今後何か資格を取得したいと考えている方は、チャレンジしてみてもよいかもしれません。