インテリアコーディネーターの仕事は、店舗の新規開店や改装の際に、インテリアのプロデュースをしたり、個人宅を建てるときなどにインテリアのプロデュースをするのが主な仕事になります。

インテリアの調度品を選ぶということももちろん仕事のひとつですが、図面を見てその建物に合うインテリアをコーディネートしなければならないこともありますので、かなり専門性の高い仕事です。
インテリアの知識はもちろん、建築系の知識も必要になりますので、本気でやろうと思ったら、かなり広い分野の勉強をしなければならりません。

インテリアコーディネーターになるには、必ずしも専門学校を出ていたり、国家資格に合格していなければならないということではありません。
しかし、実際にとても専門性の高い仕事であることや、インテリアコーディネーターを目指している方が多いことから、専門知識を学べる学校や、資格試験などが充実していますので、これらを利用して知識を習得してから実務に入っている方がほとんどです。

インテリアコーディネーターに向いている方は、当然ながらインテリアが好きで、知識が豊富であること、お客様の好みを読み取る洞察力に優れていること、時代や流行に沿ったインテリアを提案できる発案、企画力に優れていることなどが挙げられます。
一言でインテリアといっても、和風、洋風、ロココ調など、幅広い世界がありますので、それらの知識を限りなく多く取得している必要がありますし、ただ自分の好みを押し付けるのではなく、お客様の好みと、実際に必要な雰囲気をうまく織り交ぜながらインテリアを提案していかなければならないので、いろいろな能力を要求されます。

また、インテリアが素敵なだけではなく、空調と家具のバランスや、キッチンがあったとしたらその使いやすさなども重要になりますので、多方面からバランスよくインテリアをコーディネートすることができる、柔軟性なども必要になるでしょう。
これらすべての要素をすべて満たすということは非常に難しいかと思われますが、ひとつでも多くの要素をクリアしている方が、第一線でインテリアコーディネーターとして活躍しているのではないかと思われます。

インテリアコーディネーターになるための学校や資格などはとてもたくさんありますし、書籍なども非常に充実していますので、これから目指したい、勉強したいという方には、とてもよい環境が整っています。
ただし、インテリアコーディネーターとしての需要は決して多くはないと思われますので、目指すには需要や収入の面での検討が必要になってくるでしょう。