仕事内容

interiaインテリアコーディネーターという職業も、昔から女性に人気がありますね。
最近は需要がないのでなっても仕事が少ないなどという話を耳にすることもありますが、やはりこの職業を目指したい方、やりたいと思っている女性は多いようです。

インテリアコーディネーターの仕事は、その名の通りインテリアをコーディネートするのが仕事。
さまざまな業務がありますが、例えばある顧客が家を建てたとき、その家の内装をインテリアコーディネーターがコーディネートします。
設置するテーブルや調度品など、細かいものまでコーディネートすることも。
一般の住宅はもちろん、店舗のインテリアを担当することもあります。

もちろん、いきなりコーディネートをするのでなく、顧客がもとめるコンセプトや雰囲気をしっかりとヒアリングしてからコーディネートを行います。
このヒアリングが非常に重要で、顧客がどのように考えているかをしっかりと理解し、それを形にしなければならないので、責任重大です。
合間合間に、このようなスタイルでよいのかということを顧客に確認しながらコーディネートを進めていきますが、顧客が思い描くようなインテリアにするまでには、かなりの段階を踏まなければなりません。

向いている人

インテリアコーディネーターに向いている人は、思いを形にすることについて努力ができる人、妥協をしない人という点があります。
「これでいいか」と妥協してしまったら、そこで顧客が満足してくれるということはまずありません。
これだという納得ができるものが完成するまで、追求し続ける根性が必要です。

もちろん、インテリアが好きだということも重要。
インテリアコーディネーターの仕事もかなりハードですし、難しい仕事ですので、好きでないと途中で妥協してしまう可能性が高いです。
もちろん好きだから何でもうまくいくということではありませんが、好きではないこともよりも、自分が好きなことのほうがうまくいくということはありますよね。

やりがい

たくさんの努力を経て完成したインテリアに顧客が満足してくれたときは、大きなやりがいを感じます。
こうした大きな仕事が多い分、インテリアコーディネーターの仕事はやりがいもとても大きい仕事であるといえるでしょう。

  • インテリアコーディネーターになるには(作成中)