・ 日々需要が高まる介護業界

ホームヘルパーの仕事は、介護が必要な人の自宅に伺い、日常生活のお手伝いをする仕事です。
日本は高齢化社会で、お年寄りの数がどんどん増えてきているため、老人が老人の介護をしているような状況も多くあります。

しかし、そういった介護には限界がありますので、ホームヘルパーをお願いすることになり、この需要は数年前と比べると非常に高まっているようです。
デイケアやホームヘルパーの施設もどんどん増えてきていますね。

具体的な仕事内容としては、要介護者の自宅を訪問し、食事の支度をしてあげたり、必要に応じて食べさせてあげる、後片付けをする、という食事に関する仕事のほかに、洗濯やお掃除、片付け、入浴介助など、日常生活に関するあらゆることのお手伝いをします。

老人ホームなどでも同様な仕事をしていますが、これを要介護者の自宅で行うのが、ホームヘルパーという仕事です。

要介護者の子どもなどが介護をしているケースも多々ありますが、日々介護に追われてしまうと、心身ともにダメージを受け、特に精神的に不安定になってきてしまうことがあります。
結果、「介護うつ」と呼ばれるうつ病を発症してしまう人も少なくなく、介護をする人がいても、合間にホームヘルパーを上手に利用して、介護と自分の生活のバランスをとっている人も多いです。
こうしたことからも、ホームヘルパーの需要が高まっているのがわかります。

・ ホームヘルパーに向いている人、メリットやデメリット

ホームヘルパーの仕事はかなりの肉体労働になります。
自分で歩けない人を移動させてあげる、自分で起き上がることができない人をお風呂まで運んできれいにしてあげるなど、体力を非常に使う仕事になりますので、体力があるということは、この仕事に欠かせない要素です。

また、人のお世話をすることが苦にならないという人も、ホームヘルパーの仕事に向いています。
日常生活のお手伝いはもちろんですが、場合によっては排泄の介助などを行うこともありますので、こうしたことに抵抗がない人でないとなかなか務まらないかもしれません。

ホームヘルパーのメリットは、需要が高い中でも人手不足が続いているので、就職しやすいという点があります。
需要が高いことから介護の仕事を希望している人がとても増えているようですが、それでもまだまだ現場では人が足りていないので、介護の仕事をしようと思ったら、ある意味すぐにでも働けるでしょう。

デメリットは、報酬が低いという点が一番大きいです。
体力を使うハードな仕事の割にはお給料が少ないので、金銭的な問題で仕事を辞めてしまうという人も少なくありません。