フローリストとは、花屋さんで働いている人のことを指します。
フローリストの仕事は、花の販売、フラワーアレンジメント、花の管理などが主な仕事です。

フローリストになるには、特に資格は必要ありません。
しかし、最近はフラワーアレンジメントの資格やハーブの資格など、草花に関する資格が充実してきているので、よりよい花屋さんで働きたいと思う方は、これらの資格を取得してから就職活動に臨んでいる方が多いようです。
実際に、有名な花屋さんになると、求人に対して応募が殺到するので、こうした資格取得者や、実務経験が豊富な方を採用する傾向にあります。

花屋さんで働くことに向いている方は、草花が好きという方、接客業が好きという方、そのお客さまがどのような花を所望しているかということを瞬時に読み取る洞察力に優れている方などが挙げれます。
最近は、自宅に花を欠かさないという方も増えてきており、そういった方々は、花に関する知識が豊富だったり、アレンジメントのセンスもかなり高かったりするので、フローリストに求めるものもかなり高度になってきます。

「◯◯という仕事をしている方の、誕生日の花束をアレンジしてほしい」といわれたときに、お客さまに喜んでもらえるような、またおその誕生日の方にも気に入ってもらえるような花束をアレンジするというのは、かなりのスキルを要します。
しかし、これを瞬時に行えてこそ優秀なフローリストだといえるのです。
花屋さんというと、ただ花を販売しているような印象がありますが、実はかなり奥の深い仕事だと思います。

また、フローリストは、市場で花の仕入れなどを行うことも多いですので、朝が早い仕事です。
さらに冬でも水をたくさん使って仕事を行いますので、冬は手がかなり荒れたり、寒い環境で仕事をするために体調を崩しやすいことも。
こうした環境に耐えられるということも、フローリストの仕事をする上でとても重要になってきます。
あかぎれなどをつくってしまうことはしょっちゅうですので、手の管理はとても大切です。

しかし、本当に花が好きだという方は、フローリストの仕事にとてもやりがいを感じるでしょうし、お客さまに喜んでいただける花束がつくれたときには、お客さまはもちろん、自分もとても嬉しい気持ちになります。
このように、大きなやりがいのある仕事ですし、自分で独立して花屋さんを開店することも可能ですので、フローリストという仕事は、大きな可能性のある仕事であるといえるでしょう。