仕事内容

flowershopフローリスト(花屋)さんのお仕事は、昔から女性に人気のある職業ですが、最近その人気が急上昇しています。
花をお部屋に飾る女性が増えたこと、有名人が花に関するブログを更新したり、ツイッターなどで情報をアップしていることなどから、花屋の需要がかなり高まりました。

フローリストの仕事は、花を販売するのが主な仕事になりますが、花の管理やフラワーアレンジメント、お店によってはアレンジ教室などの講師を行うのも仕事になります。
また、花の仕入れなどもフローリストの仕事です。

 

花屋さんの仕事は、一見花に囲まれた優雅なお仕事に感じますが、実際にはかなりハード。
仕入れを市場に直接出かけて行うお店になると、かなり朝早くからせりに参加して花を仕入れなければなりません。
また、水を使うお仕事なので、冬場はとても寒いですし(花屋さん自体の気温が低めです)、クリームなどをつけて仕事をすることはできないので、フローリストはかなり手が荒れている方が多い様子。

向いている人

フローリストに向いている方は、やはり花が好きであるということが一番重要です。
朝早くから仕事をしなければなりませんし、業務がハードな割にはお給料がすごくよいというお仕事ではないので、花が好きという確固たるものがないと、続かないということも考えられます。

また、仕事が続かないということに関連して、忍耐力がある、根性があるということも求められます。
店頭の鉢植えなどをすべて店の外に出し、閉店時にはまたすべて店内にしまうなど、かなり体力を要する仕事もどんどんやらなければならないので、頑張りやさんであることが重要です。

やりがい

仕事はかなり大変ですが、花に囲まれていることで幸せを感じることができるという方には、とてもよい仕事だと思います。
また、あなたがつくった花束を見て、お客さまが笑顔を見せてくれたら、仕事にとてもやりがいを感じるはず。
大変な仕事でも、フローリストの求人があると応募が殺到するようですので、やはり女性から人気のある職業なんだな、ということが伺いしれます。

  • フローリストになるには(作成中)