体力勝負の仕事ならではの悩み

エステティシャンの仕事は、お客さまに対して様々な施術を行うのが主な仕事内容になります。
お客さまによって施術内容は異なりますが、繁忙期にはひっきりなしに施術を行う事も多いため、一日中立ちっぱなしで施術を行う場合もあります。
かなり体力を使う仕事なので、思っていた以上に疲れがたまりやすいものです。
現役エステティシャンの多くは体力が持たないと感じた経験があることから、体力的な苦労が絶えないことがよくわかります。
他にもエステティシャンの苦労することがたくさんあるので、その一部をご紹介します。

職場環境が良くない

エステサロンは大小様々な規模が存在しており、それぞれの店舗によって経営方針が異なります。
エステティシャンに対しては、悪い言い方をすると使い捨てのように考えている経営者が存在している場合もあり、エステティシャンの体には全く気遣いがない状態で勤務させるケースもあるようです。
休憩時間があまりない、休暇も取得できないという状態では、どんなに体力に自信があったエステティシャンでも限界が訪れるのも無理がありません。
どんなに一生懸命働いても、給料は一向に上がることもないケースが多いため、こんなに苦労をしてまで続けるべき仕事なのかと疑問を感じる方も少なくありません。

このような環境では職場の同僚同士も仲が悪くなるものです。
お互いに気配りをする余裕がなくなり、休暇を奪い合うようにしてギスギスした関係になることもあります。
上司からは厳しいノルマを課せられて、達成できなかった場合には激しく叱責されるなどの環境に置かれている方もいるようです。

ただし、全てのエステサロンがこのような環境とは限らないのです。
エステティシャンのことをしっかり考えてくれる職場はたくさん存在していますし、イキイキしながら仕事に従事している方がたくさんいます。
恵まれた環境の職場を見つけることができなかった場合は、運が悪かったと思って他の職場を早めに見つけることをおすすめします。

恋人ができない…

エステサロンは女性専用という店舗が多く、お客さまだけでなく従業員も全て女性という環境にあります。
エステティシャンとして仕事に携わっていると、男性との接点がほとんどないことから、なかなか恋人ができないと嘆いている方も多いです。
体力を消耗する仕事なので、仕事上がりに飲みに行って出会いを求めるという気にもなれずに家へ直行するという方も多く、たまの休日にはゆっくり過ごしたいと家に引きこもりがちになる方も多いようです。
気持ちに余裕ができるまでには、ある程度仕事に慣れなければいけないため、それまでは恋人を作ることは難しいのかもしれません。