職場によって千差万別

お客さまのキレイをサポート役として仕事に従事するエステティシャンの給料は、平均すると約22万円になります。
年収は300万円台から400万円台と他の職種と比較しても決して高い金額ではありません。
社会保険や税金など様々な諸費用を差し引かれた結果、得られる手取り収入は10万円台になると考えられます。

ただし、職場によっては基本給の他に歩合制を採用している場合があるため、努力次第では更に高い収入を期待できる可能性もあります。
例えば自分が担当しているお客さまが新しくエステメニューを契約してくれた場合、その一部をインセンティブとして支払ってくれる場合があります。
また、自分の友達など新規のお客さまを確保できた場合にも、基本給に上乗せした給料を支払ってもらえる場合もあります。
このようにエステティシャンの給料は職場によってバラつきがあるものですが、経験を重ねて技術力がアップし、お客さまを掴むことができるほど収入アップが期待できると考えられます。

参考:エステティシャンの給料手取り初任給を解説!

収入アップする方法

エステティシャンとしての経験を重ねるほど、収入アップの可能性が高くなります。
同じ職場でずっと仕事をしたいと考えている場合には、自社で提供しているエステメニューをたくさんのお客さまに紹介して契約してもらうことが収入アップに繋がります。
また、自分が施術を担当したお客さまに次回も指名してもらうことができると収入アップに繋がる可能性も高くなります。
上司からもエステティシャンの実力が高いと評価されるほど、収入がどんどんアップして仕事が面白くなるでしょう。

もう一つの方法としては、エステティシャンとしての実力を培ってから他のエステサロンへ転職する方法です。
エステ業界でも優秀なエステティシャンを確保することで、エステサロンの売上アップに繋がることから、良いエステティシャンなら高い給料を支払ってでも確保したいと考える場合が多いです。
エステ関連の求人情報を確認してみると、現在よりも条件が良い職場がたくさん見つかるはずです。
他のエステサロンで全く同じ施術を行うとは限りませんが、基本的なテクニックとしては共通している部分も多いため、店独自の施術法をサラッと教えてもらうだけでも、経験者ならすぐに理解できるはずです。

更に究極の選択肢としては、自分でエステサロンを開業するという選択肢もあります。
個人経営の場合はエステティシャンとしての実力はもちろんですが、運営者としての責任も負うことになるため、かなり大変な思いをするかもしれません。
それでも、施術に自信を持っていて固定客をしっかり掴める勝算があるなら、現在よりも高い収入を確保できる可能性は十分になるためチャレンジしてみる価値があるといえるでしょう。