エステティシャンの仕事は、お客さまにフェイシャルやボディのお手入れなどをして差し上げる仕事になります。
このお手入れは多岐にわたり、同じフェイシャルでも美白メインのもの、リフトアップメインのもの、ニキビ対策メインのものなどとさまざまなものがあります。
またボディにおいても、美肌メインのものや痩身メインのものなど、いろいろな施術がありますので、施術技術は本当にたくさん学ばなければなりません。

エステティシャンに向いている方は、まず美容というものに興味がある方、そして人と接することが好きな方、また人のお世話をしたり、喜んでいただくことにやりがいを感じる方ということなどが挙げられます。
エステの技術な常に進化を続けていますので、新しい技術が開発されれば、その施術について学ばなければなりません。
随時勉強を続けていかなければならないので、美容に興味が無いという方や、好きではないという方は、仕事をすることが苦痛になることもあるでしょう。

また人のお世話をしたり、施術をして喜んでいただくことが楽しい、と感じられる方でないと、同じくやりがいを見出すことが難しいかと思われますので、その適性についてはご自身でよく検討されることをおすすめします。
エステの施術は、お客さまが半裸状態で横になっていても寒くない環境で、全身の施術を行わなければならないことも多々ありますので、かなりの重労働になります。
ハードな仕事の中で、楽しさややりがいをいかに見出すことができるか、ということは、エステの仕事に限らず、すべての仕事にいえることかもしれません。

エステティシャンになるためには、特に資格は必要ないので、エステの求人に応募して、採用されれば即実務につくことができます。
大手のエステサロンでは、比較的人手不足が続いているようなので、就業しやすいかもしれません。
ただ、最近はエステティシャンのクオリティを上げていこうという動きが大きいので、専門学校などを卒業してエステに関する知識を習得したり、エステ業界の機関が運営している資格を取得してから就職をするという方も増えているようです。

エステの仕事は、女性であれば必ず役に立つ知識を働きながら習得することができるので、美しくなりたいと考えている方にはとても向いている仕事だと思われます。
社員割引で施術を受けられたり、エステで販売しているコスメなどを購入できるのも魅力。
エステや美容に興味があるという方には、とても楽しい仕事になるのではないでしょうか。