心の詰まりを取り除いてあげる仕事

カウンセラーと一言でいっても、企業カウンセラーや心理カウンセラーなどいろいろな種類がありますが、一般的には心理カウンセラーとしての仕事が知られているのではないかと思います。

心理カウンセラーの仕事は、悩みがある方、これまでの人生でできてしまったトラウマがある方の話を聞いて、その胸の支えを取り除くお手伝をすることが主な仕事です。
現代人は精神的に日々大きなダメージを受けていることが多く、うつ病患者なども年々増加しています。
そのため、心理カウンセラーの仕事は需要が高まってきている傾向にあるようです。

精神病院や心療内科などにも心理カウンセラーがいることがありますが、病院以外でメンタルセラピーなどのサロンに心理カウンセラーが在籍していることが多いです。
精神科の扉を叩くのには抵抗がある、病院に行くほどでもないような気がするという方が、気軽に訪れることができます。

心理カウンセラーの資格

カウンセラーには特に資格が必要ということはありませんが、何の知識もないまま仕事としてカウンセリングを行うことはできません。
そのため、民間の団体でかなり深く心理学について学べるスクールを開講していて、そこで学んで資格を取得し、カウンセラーとして活動している方がほとんどです。

スクールや専門学校はいくつもあり、また資格においてもほとんどが民間資格なので、それぞれの団体が運営している数多くの資格があります。
自分がこれだと思う資格を1つ取得している人もいれば、さまざまな考え方を学んで、いくつもの資格を取得しているという人もいます。

カウンセラーに向いている人

カウンセリングで大切なことは、まず相手の話をとことん聞いてあげることです。
そのため、聞き上手な人は、カウンセラーに向いていると思います。
人の話を聞こうと思っても、つい何か話したいことがあると相手の話をさえぎって自分の話をしてしまう人や、人の話に自分の話をかぶせてしまうという人は残念ながらカウンセラーには向いていません。

また、心理学は非常に奥が深く、今もより研究が進められていますので、「ここまで勉強したら終わり」ということはありません。
医学と同じような感じです。
ですので、継続して学びを進めることができる、探究心に富んだ人も、カウンセラーに向いているといえるでしょう。

心理カウンセラーとして学ぶ知識は、仕事としてはもちろんですが、自分の生活の中でもいろいろと役立てることができますので、趣味の範囲で資格を取得される方も多いようです。